だれでもボケを撮影できる5つのコツ | ふにゃ通

だれでもボケを撮影できる5つのコツ


デジタル一眼を購入したのに、うまく撮影ボカせないということありませんか?
きれいなボケを撮影するには、かんたんな5つのコツがあります。
 
     

 

ボケがきいてる写真、いいですよね〜。
被写体をしっかり浮かび上がらせることができるので、

とても印象深い写真になります。
「絞りをあければボケる」と言われていますが、

具体的にどうしたら?を解説します。




1.オートを使わず「A」か「M」で撮影する


オートで撮影してうまくいかない人は、ここをチェックしましょう。
後述しますが、いくら良いレンズを使っていても、オートで撮影すると、
自動でF値が絞られてしまうのでボケないんです。
A:しぼり優先モード
M:マニュアルモードか、
にしましょう。




2.できるだけF値(絞り)を小さくして撮影する



F値というのは、レンズに入ってくる光を絞る大きさのことです。
F値を小さくする(=絞りを開く)ほど、ピントがあう範囲が狭くなるため、その前後がボケるのです。

図にするとこんな感じ↓↓↓



大きなボケのために、めいっぱいF値を小さくしておきましょう。
センサーサイズにもよりますが、
F2.0以下にできるレンズだと効果がしっかりわかりやすいです。

 

 

 

 

 


3.望遠側で撮影する

望遠にする(画角が狭い)ほど、絞りと同じように、ピントの前後がボケやすくなります。
※ただし、一般的にはズームレンズは絞るほどF値が小さくなりますので、
 自分のレンズを見て、ズームレンズだけどF値が一定ならラッキー!くらいで考えましょう。
※ちなみにデジタルズームは、光学的に意味がありませんのでw、
 ボケは大きくなりません。あしからず〜




4.被写体に近づいて撮影する
5.背景から遠ざかって撮影する


ピントがあった場所と、それ以外との差が大きいほど、ボケが感じやすくなります。
ですので、被写体に近づいて、背景から遠ざかるほど効果が大きくなります。



もし壁に背中をぴったりくっつけてる人を撮影しようとしても、ボケません。
ボケをつくろうと思ったら、背景は遠い風景にして、被写体には近づいた方が、
きれいなボケをつくることができます。


というわけで、まとめです。
 

 

 

 

 

・A(絞り優先)か、M(マニュアル)モードで撮影する
・F値(しぼり)を小さくする
・できれば望遠側で撮影する
・被写体に近づいて撮影する
・背景は遠ざけるほどボケる


エンジョイ!


↓フォーマットごとに、ちょ〜使い勝手がいいのに安いレンズ

comments

   

trackback

pagetop