本音比較!DJI Spark vs Mavic PRO | ふにゃ通

本音比較!DJI Spark vs Mavic PRO

DJIから新しい小型高性能ドローン「DJI Spark」が発表されましたね。

良いことばかりに目が行きがちですが、

改めて、MavicPROとの違いを中心に本音で考察していきます。

 

     

 

 

 

 

1.小さいけど200g以上

 

DJI Sparkは本当に小さい!重量はMavicの半分以下!

カバンにすっぽり入れることもできそう。

 

けれど、200g以上なので人口密集地で飛ばすには国土交通省の許可が必要なんです。

また、実は折りたたんだMavicと体積的にはあまり変わりない

 

Phantomをすでに持っていて「セカンドドローンにもう一台」という人

 いつものお出かけや、登山など、カバンの中はとにかく軽く!って人にはベスト。

 

 

 

 

 

2. クイックショットは、マジやばい!

 

空撮でよくあるカッコいいテクニックが、

Sparkではほぼオートで撮影できてしまう!これはすごい!!!

これをマニュアルで撮影しようとするとけっこう大変。

むしろPhantomやMavicにも搭載されたらいいのになぁ。

 

ドローンや、空撮ははじめてって人に。

 操作に慣れなくても、目の覚めるような構図で撮影できます。

 

 

 

3. 小さいのに、フロント障害物センサーがついている!

Mavic PROやPhantom4など、上位機種についていたセンサーが、

Sparkにもついています!!!

乱暴な言い方をすると、正面に進んでいる限りは、

ぶつかることがほぼないってことです!!

 

操縦に自信のない人に

 

 

 

 

 

4. 操縦に不慣れでも大丈夫なパームモード

複雑なドローンの操作に慣れなくても、

顔認証や手のひらをかざすだけでコントロールできる。まるでフォースだ!

また送信機を持ち歩かなくてもよいので、

カバンに入れるのはSpark本体だけ!ってのもすごくいい。

(ただし、送信距離が100mに制限されます)

 

とにかく荷物を減らしたい人に!

 

 

 

 

 

5. 映像は1080p/30fps、見劣りするけどSNSには十分

 

Sparkの1080p(1920x1080)でもSNS向けには十分すぎます。

仕事でもない限り、Youtubeでもわざわざ4K(3840x2160)でアップする必然性は少ないでしょう。

Facebookなら、1080pの半分でも十分なくらいです。

 

4Kは編集するにもPCパワーを相当使いますし、

レンダリングにも時間がかかるため、

かなり気合を入れないと気軽に扱えるものではありません。

 

ただ、フレームレートが30fpsなのは物足りない!

後の編集でスローモーションなどにもできて魅力的でした。おしい!

 

4Kは必要なく、SNSへの投稿がメインならSparkで十分

仕事や4K編集にチャレンジしたいなら、MavicやPhantomを

 

 

 

 

6. 最小セットには送信機がついていない!

65800円のセットには、送信機がついていません!

送信機がついたセットは、ほぼ10万円になってしまうため、

Mavicとの価格差があまりありません。

 

→大きさが気にならないならMavic

→少しでも小さいほうがいい、新しいものを触りたいならSpark

 

 

 

 

7. 実はSparkはMavicより広角

 

Sparkの画角は、FOV81.9度(25mm相当)もあります。

MavicPROが28mm相当なので、実はMavicより広角!!!

小さなドローンだけれど、ダイナミックな映像を撮影できます!

(Phantom4が20mm相当なので、Phantom4とMavicの中間くらいになります)

 

 

 

 

8. Sparkのジンバルは2軸だけど、必要十分!!!

 

SparkのジンバルはPhantomやMavicより1軸少ない2軸ですが、

ドローンのフライト上では、あまり差を感じることも少ないと思います。

あまり気にせずにも、十分に安定化されたスムーズな映像を撮影できます。

 

 

 

9. Sparkの送信機は、通信距離500m!?

 

日本では電波法の規制などにより、Sparkの通信距離が500mに制限されています。

MavicPROの送信距離は4kmありますから、8倍もの差があります。

 

→(国土交通省へ飛行許可の上で)

 目視外飛行を行うような場合には、MavicPROの方が電波が届く範囲が広く、

 安心して飛ばすことができます。

 

 

 

 

 

 

というわけで、まとめです

 

 

A)DJI Sparkを買った方がよい人

 

●ちょっとでも軽く、持ち運びたい人

●撮影後はSNSに投稿することがメイン。基本的に個人で使う。

●サクっと撮って、サクッとアップしたい!飛ばすのはオートでいい!

●基本的にいじらず、そのまま使いたい

●友達とでかけたときに使うので、大ケガしない方がいい

●目で見えなくなる距離まで飛ばすと不安だ。むしろ飛ばさない。

●新しいモノで自慢したい!

●とにかく気軽に使えないと、いつか使わなくなるタイプの人

 

 

B)MavicPROを買った方がよい人

 

●ペットボトル1本くらいの重さなら、気にならない人

●撮影後は、きれいな映像編集をしたい。仕事にも使うかもしれない。

●こだわりのある撮影がしたい。送信機で自由自在に撮影したい。
●何か載せるかもしれない。ちょっとでも積載重量が大きいほうがいい。

●十分に気を付けて使うので、出力は大きい方がいい

●目で見えなくなる距離まで飛ばしたい。 

●変形ドローンがかっこいいと思う

●スペック的に、より良いものを買わないと、いつか後悔するタイプの人

 

 

って感じです!!

エンジョイ!!!

 

 

pagetop