DJI Mavic PROでパノラマ撮影する! | ふにゃ通

DJI Mavic PROでパノラマ撮影する!

DJI Mavic PROを使って、

上空からのパノラマ撮影をしてみました。

 

出力が高く、ペイロード(積載)に余裕があるのと、

飛行時の姿勢を高度にコントロールできるので、パノラマカメラを載せて撮影してみます。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1. パノラマカメラを選ぶ

 

まず、パノラマカメラですが、

1)できるだけ軽量で小さく、

2)動画の解像度が高く

3)動画の記録形式が単純なもの

が理想的です。

 

調べてみると、

PanoViewというカメラが良さそうでした。

非常に軽量(89g)で、

突起部が少なく取り付けしやすく、
しかも非常に解像度が高い!
最新のTheta SCと比べるとこんな感じです。
名称

Theta SC

 

Pano view
サイズ 130x45x22.9mm 50x50x55mm
重量 102g 89g
動画解像度 1920x1080 30fps 2448x2448 30fps
Wifi
ストレージ 内蔵
8GB
microSD
128GBまで
入出力 USB USB
価格 2.8万円程度 1.2万円程度
Theta SCに比べても、解像度が2.5倍以上も高く、
かつ、値段が半額以下!(Theta Sと比べると1/3以下)
また、アクションカムということもあって、
防水ハウジングが標準でついてくるのも魅力です。

 

 

 

 

 

 

2. カメラマウントを作る

 

Mavic PROに乗せるために、マウント(取り付け部品)を作ります。

今回はアルミの板を使いました。

 

これを切って、Mavicの曲面に沿って

叩いて曲げます。

 

こんな感じ。

 

これに、カメラ取り付け用の穴をあけます。

ドラフト版なので、写真はかなり雑ですが、こんな感じです。

 

穴は6.5mmのビットでちょうどいい感じでした。

横のはみ出ているところは切ります。

 

 

これを、Mavicに取り付けます。

3Mの強力両面テープで貼り付けつつ、

 

バッテリー側は結束バンドで固定します。
このときに、超音波センサーと干渉しないように注意してください。
(一度これで大変な目にあいました)

 

 

カメラを固定したところです。

 

 

完成〜!

 

 

こうやって見ると、
フロントのカメラとのシンメトリーが綺麗です。

 

 

 

 

 

 

3. いざ、フライト&撮影!

フライトは、見通しのよい場所で行いました。
カメラが地面と干渉するので、台で高さをつくって、そこから飛ばしています。


※スマホの場合、ブラウザからだとパノラマで再生できません。
※PCで再生するか、もしくはYoutubeのアプリで
 「Mavic PRO 360 panorama」と検索してごらんください。

最初は、GPSアンテナを妨げたせいか、GPSが使えなかったり、
超音波センサーとタイラップが干渉して、勝手に暴走しはじめたりと、、、かなり焦りました。
何度かトライ&修正を繰り返して、
ようやくまともに飛ばすことができました!
パノラマでの動画編集&アップロードの話は、また後ほど。


comments

おもしろいこと考えるなーと関心しました。
自分もやってみたい!

  • kazuman
  • 2017/01/22 7:58 AM

めっちゃいいすねこれ!真似させていただきます(笑)

  • su-na
  • 2017/05/03 8:35 PM
   

trackback

pagetop