[04]ラズパイ2にリモートアクセスする | ふにゃ通

[04]ラズパイ2にリモートアクセスする


ラズパイ2の開発効率をあげます。
LANでラズパイにリモートアクセスできるようにしましょう!
これでディスプレイなくてもコントロールできるようになりますよ〜

 
     
まずは、、

■ラズパイにホスト名をつける
 
リモートでアクセスするときに呼ぶ名前をつけます
コマンドプロンプトから、
sudo raspi-config
と入力して、設定画面をだします

そこで、
 「8. Advanced Opton」
→「Hostname」

を選択して、名前をつけましょう
注)ホスト名は1バイト文字(=半角英数)にしておきましょう


■デーモンをインストールする
 
リモートコントロールするためにデーモンをインストールします
Zeroconfという仕組みをつかいます
ラズパイには、Zeroconfを実装したAvahiというプログラムがあるので、
それをインストールしましょう(
アップデートも一緒に
sudo apt-get update
sudo apt-get install avahi-daemon

 
■WindowsにZeroconf機能をインストールする
 
ここに最新版プログラムがあります
Bonjour Print Service for Windows

※Windowsからアクセスできるのを確認しましょう
 WindowsPCのスタートメニューから、
 ファイル名を指定で「cmd」を入力して、
 コマンドプロンプトを出しましょう
 そこで、
 ping *****.local
 と入力して(*****はホスト名)、つながるか確認しましょう


■Tera termでリモートログインする
 
ここではクライアントソフトとしてTera termを使います
まずはアプリをダウンロードしましょう
Tera term

インストールしたら、プログラムを立ち上げて、

ホストには、さっきつけた「ホスト名.local」と入力
その他は画面の通りにしておきましょう

「OK」で接続すると、
ログイン情報を求められるので、
ラズパイのログインIDと、パスワードを入力します。
すると、、、


ログインできたはず!!

これでリモート完了です。
さすがに、startXでGUI(ウィンドウ画面)を立ち上げるのはできないけどね〜w

 

comments

   

trackback

pagetop