[03]ラズパイ2の初期設定をする | ふにゃ通

[03]ラズパイ2の初期設定をする


OSのインストール時には、いろいろ素通りしてましたが、
日本語化だとか、パッケージの更新だとか、いろいろ
やっておいた方がよい設定があります。
 
     
■LANケーブルは挿しておくこと!
 
設定には、データをネット経由でダウンロードする必要がありますので
LANケーブルを挿しておきましょう。
 

■再起動でログイン?
 

ラズパイを再起動時すると、
ログイン名とパスワードが聞かれます。
へ????って、あわてるべからず。
実は初期設定されたログイン名&パスワードがあったのです。

初期設定では、
ログイン名:pi
パスワード:raspberry

です

※これでログインすると、コマンドプロンプトの状態です
※初期設定のもろもろはこのまま進めますが、
GUI画面に移動するためには、
 startx
と、入力してエンターを押します


■日本語環境をつくる
 
コマンドプロンプトの状態で、
sudo aptitude -y install jfbterm
と入力します

 
しばらくすると止まりますので、
jfbterm
と入力。これで完了です。


■タイムゾーンを変える
 
まず、設定画面を表示させます
コマンドプロンプトから、
sudo raspi-config
と入力して、エンターを押します
ここで、
 「4 Internationalisation Options」
→「I2 Change Timezone」

を選択して、
 「アジア」→「TOKYO」
を選択します


■ユーザのパスワード変更
 


同じように、
「2 Change User Password」
を選択して、新しいパスワードを入力します(2回たずねられます)


■パッケージのアップデート
 
最新版のOSをインストールしても、
それぞれの機能単位でアップデートされている場合があります

※さっきの設定画面から「FINISH」を押して、
コマンドプロンプトの画面に戻っておきましょう

sudo apt-get update
と入力して、アップデートパッケージをダウンロードします

(5〜10分くらい時間がかかります)
しばらくして入力待機状態になったら、

sudo apt-get upgrade
と入力して、パッケージをアップデートします

※途中で何か聞かれたら、基本的に「Y(=YES)」と入力すればOKです
 

完了したら、例によって、
STARTX
でGUI画面を起動して、新しくなったっぷりを確認しましょうw

おつかれさまでした〜

 

comments

   

trackback

pagetop